finally

2018年もあと少し。

皆さま、いかがお過ごしですか?

 

私は心や精神の方はすごく元気なのですけれども、

いきなり顎あてに金属アレルギーを発症し、

赤くなった時点で治ればよかったのですが、、

本番もあって酷い炎症が起こるまで弾いてしまったので、

今は本当に稲葉の白兎のような、皮を剥がれた状態です。表皮が焼け切って無い。

 

イヤイヤながらに近代医学の病院に通っています。

 

でも、とても元気ですのでご心配なく。

 

 

因幡の白兎といえば、

今年の夏頃に、精神的にそのくらいまで追い込まれたことを思い出します。

助けて下さった皆さま、本当にどうもありがとう!!!

御恩は一生忘れません。

 

 

 

こんなに金属アレルギーからの炎症が酷くなったのは、

小澤さんとムターさんとの音楽に感化され

遂に、ヴァイオリンに、クラシックにハマったからだと思う。

あはは

遅っ。

ついに!!!

 

もちろん、今までも、本番を迎える怖さを思えば

私の持っている他の何を差し出してもいい、と思うほどには懸けていたけれども、

ここを目指すんだ!面白い!というの(と、ここがムダなんだ、というの)がはっきり見えたので

暇さえあれば、楽器を弾いていたのが、炎症を悪化させた原因だ。

 

やっぱり、

身近な生徒さんでも誰でも、

他人にこれぐらい本気でハマらせるぐらいの実力を持って、

コンサートやレッスンに挑めるくらいのパワーが必要だと思った。

道のり遠し。

頑張ります。

 

 

 

どんなに自分が未成熟で不完全だとしても

自分で自分を信じるのをやめるのは、止めました。

二重否定文で分かりにくいけれども。あはは

自分の成長を諦めないし、頭で理解できない自分を認めても、自分を信じる。

最終的に、自分と、自分の神さましか、その絶対的見方の立場には残らない。

 

 

 

 

 

ですので、(ここからは別件であるような、ないような、、)

不義理を致すようですが、、

自分の感覚や感受性が重くなるような案件、関係性からは距離を置かせて頂いております。

スキキライの問題ではなく、、

(好き嫌いも感じたくも無い為に、、)

 

距離を取るのが、私を、私の感受性を守る積極的手段なのだと自覚しております。

 

pさまの健康と幸せを心より祈ります。