Cheer up

ツルニチソウ
ツルニチソウ

3月になって、

また面白いヒトたちに出逢わせてもらったり、再会したり。

 

人に会うことは自分を発見することで

オモシロイ。

 

 

昨日、感動した話。

 

話して下さったのはマイク・リッチンズさんというアメリカで30年以上検死官をしていらっしゃる先生。

 

アメリカン・インディアンの居留地であるそこでは、子どもはある程度の年齢になると、教育を受けさせるために集められ、親元から離れた寮みたいな学校に送り込まれるシステムがあった(今でもあるかは知らない)そうで、

あるネイティブの羊飼いの娘は、それをすごく嫌がった。

 

 

「そんなことしたら、わたし、死ねよ」

と、言うものだから、自殺するんじゃないかと大人たちは心配して、

病院にいれて数人で監視、世話をしていたけれども

その羊飼いの娘は、その日の夜中の1時頃に亡くなった。

 

これは大問題なので、マイクさんのところに少女の死因を調べてくれ、と政府から要請がきて解剖したのだけれども、身体にはなんの問題も、病因もなかった。

 

 

と、いう話。

ひとは身体のみで生きているのではない、という一例でマイク先生は話して下さったんだと思うけれど

 

 

そんなに切り離されると死んでしまうくらいに、

地球を、自然を感じて生きている人間っているんだなぁ、と感動した。

そして、その生き方に誇りをもっている。

 

 

人間として

これほどの自由を享受できる幸せ。

 

素晴らしい。