angel

諏訪大社秋宮 白松
諏訪大社秋宮 白松

さあ、とうとう逃げられないぞ、、っていうのがここのところの心境です。

 

バッハの録音日が迫ってきました。

 

普通のコンサートは、それはそれで毎度一回勝負の怖さがあるけれども、

録音の怖さはまた違う気がします。

 

ミスをしないか、とかいうことじゃなくて、

現時点での自分の世界の見方が、自分の大きさも弱さも、全て記録されてしまうということで。

 

たった数ヶ月前の録音を聴いても、

「じぶんってアホやなぁ。なに考えてたんやろ!」って腹立たしく思え、

過去を振り返る作業とは、この繰り返しでしかない、と経験上、重々分かっているのに、

それでも挑戦する愚かしさ。

 

 

でも、きっと人生のこの時期に、必要な巡り合わせなんだと思う。

これまでの自分の甘さに向かい合っています。

 

 

先週に終えた本番の作品のメロディが、未だに頭の中で流れることが続いています。

相当、本当に素晴らしい演奏だったと思う。

(ポール・メイエさんというクラリネットのスーパースターと、アンドレアス・シュタイアーさんというピアノの巨匠)


そして彼らに共通するのは、普段は本当に普通のひと。むちゃくちゃいい人だ、というところ。

(まあ、欠点が見えるほど、長時間一緒に過ごしたわけではないけれど、それにしても!!ってくらいに)

 

ああじゃなければ、あんな音楽は弾かれへんと思う、っていう先輩の言葉に深く納得です。

 

lakatosさんに会ったときもそう思ったけれど

本当に音楽の美しさ、輝きを、空間に流すだけ、っていうか

人間的にも、音楽も「流す」力強さに、その輝きに圧倒的な光を感じました。

まさにスター☆

 

ふふふ

 

 

技術や思考は、美を捉えるためだけに使うもの。

(彼らのその技術は、それだけで勝負してもふつうの人間を超えたものですが)

音楽への愛以外に使用しない。

 

メイエさんたちが、弾いてくれたシューマンのファンタジーシュトゥックは、信じられないほど美しかったです。舞台進行上の都合で、わたしのすぐ真横っていうか、耳元で弾いてくれたんだけれど、きっと一生忘れないだろうな。。

それも、特別なことは、なにもしないのに、圧倒的に美しいっていう。

 

 

素晴らしい音楽家は、天使だっていう最近のわたしの説。

天に使える、というか、天から使わされた人。

 

 

わたしは音楽家というよりは、「人間」にとても興味があるのだけれど

こんなスーパーな人に間近に会えるのは、音楽をしているから。

本当にすべてに感謝して、

自分もあんな人間の域に、すこしでも近付けるように。あちらを向いて進みたい。